Sat.11.20.2010

※これは2010年11月に書いたものです※

 

 

私の実家は 喫茶店をしていました。

おじいちゃんの 代から はじめた喫茶店。

上本町、心斎橋、梅田、本町、淀屋橋。

いま残ってるのは 本町と淀屋橋。

父は 
店に 全く行かないし、
残ってる お店には 私を知ってる人は 誰ひとり働いていないので
あえて 過去形に. . . 。


小さな頃 お店に行くと いつも楽しみにしていたのが、
珈琲豆を挽くのを見ること。

珈琲豆を挽くときは 必ず マシ-ンの置いてある カウンターの
足がつかない位 背の高い 椅子に座って
挽き終わるまで その様子を ジ-っと見ながら
挽きたての 珈琲の香りを嗅ぐのが大好きでした。

珈琲の匂いは 好きやったけど
外で働くようになるまでは まったく珈琲が 飲めなかった私。

珈琲が大好きになった今。
(って、言ってもブラックでは飲めませんけど. . . ミルク入れるんですけど. . . )

物凄い後悔してます。

中学の時から
店を手伝っていたのに、なんで もっと珈琲の事
教えてもらっとけへんかったんやろ。 って. . . 。

珈琲の本まで出してた
珈琲を愛していた。で、あろう おじいちゃん。
 
お店のメニューも 本みたいになってて。

お店では 毎日、日替わりの 珈琲を出してたんです。 

月曜 = ブラジリアン
火曜 = ブリティシュ
水曜 = ウィンナー
木曜 = フレンチ
金曜 = メキシカン
土曜 = アメリカン

確か、この順番やったような. . . 。

”七色の珈琲 ”と ネーミングも 付けて。

メニューには
それぞれの珈琲について 1ページびっしり 書かれていました。



. . . おじいちゃんの 書いた本、読みたいなぁ

昔のメニューも 見たいな。

誰か残してくれてるんやろか?

久々に 何十年か振りに
じぃじと 一緒に お店行ってみよかな. . . 。



そんな事を 考える今日この頃。



さ、今日も
美味しく 珈琲を入れたいと思います。

とびきりの愛情もいっしょに注いでおきます(笑)


kuapapa. emi


※ 明日21日(日) は ディナータイム(18:00~)のみ営業です。
  明後日、月曜 22日も ディナータイムのみ営業ですが
  開店時間もいつもより1時間遅れの 19:00~となります。

              みなさまのご来店、お待ちしております。※