” sun. 26. april. 2009 ”       ロハスフェスタ2日目。

 
※これは2009年4月26日に書いたものです※
今日は2日目。
朝起きて天気を確認したら雨は降ってないけど 物凄い風。

風対策をしないとアカンなぁ。 と、
持って行くものを追加して
全て車に積み込んで、2日目出発!

今日は昨日のように忘れものもないし、雨も降ってないから頑張るぞ-!

と、張り切って万博に到着。

搬入する為、会場へ入ると、、、

強風でテントが折れてるお店や、
陳列棚が商品ごと倒れてグチャグチャになっているところが、、、

kuapapaのブースに行くと、
前日、風対策にテントを下げて帰っていたので
テントは大丈夫で、置いていた看板が倒れていた位で
被害はありませんでした。

運営本部からアナウンスで
「強風で危険なので、持ち込みテントの方は布の部分を外して下さい!」と。

お隣さんのブースの人にも手伝ってもらい
急いで外して、搬入の続きを。

すると、また本部からのアナウンスで
「今日の開催を中止にするかどうかを検討しています。」 との事、、、

昨日の分も今日!!!って気合い入ってたし
今日を楽しみにしてくれてた人がたくさんいるのに、、、 (泣)

少しすると、
やっぱり   「中止」決定のアナウンス。    

ショック、、、 でも、この風では 確かに危険。

よほど検討されての 決定やろうし。 天気には勝たれへん。仕方ない、、、 と

搬出作業をしていると

「中止ですが、自己責任で営業して頂いてかまいません」 の アナウンス。

なんで?
納得できない。  危険で 安全に開催出来ないから 中止にしたのに
なんでここで自分達の責任なら営業をしていいの???

入口にはたくさんの今日を楽しみにしてたお客さんが居はる。
この日の為に仕入れ、仕込みをして、遠方から出店しに来てる人も居はる。
そういう状況のなか、 
お客さんも来てるし 営業をさせて欲しいと本部に抗議しに行った人が居はったんでしょう。

それで、はじめのアナウンスから2~30分ほど経ってからの
「中止ですが、自己責任で営業して頂いてかまいません」 のアナウンスやったんでしょう。

危険で安全じゃないから中止やのに
「じゃ、自己責任でなら」 と、 言えることが理解できない。

ロハスフェスタというイベントは
フランスの蚤の市をイメージして「おしゃれでかわいくエコを実践しよう」とスタートしたそうです。
ロハスフェスタだけに、
エコにも取り組みされていて、地球にやさしく。 と、リユース食器やゴミが出ないような工夫などなど
謳ってきていたはずです。

出店するにも抽選などではなく、
ロハスフェスタの主旨を理解できているか、など踏まえて選考された出店者ばかり。

私たちはこのロハスフェスタをとても楽しみにしていたし、
この日の為に いろんな準備をしてきました。

それが、
「中止」 → 「自己責任において自主的に営業」 

それからも、抗議が殺到するたびに話は2転3転、、、

最終的には 半分以上の出店者さんが残って営業されていました。

kuapapaは、 diaryにも書いたように 撤収しましたが、

残ったお店さんに対しては 考えはそれぞれあると思いますし、
楽しみにしていて来られたお客さまも居たので
「残ってやるからには、頑張って!!!」 と、 お隣のブースの子にも声かけて帰りました。

ただ、
主催者サイドと万博公園サイドの対応については やはり納得が出来ませんでした。


何度も言いますが、
危険の可能性を持ちながら、ロハスフェスタは「中止」やのに
その場所を残ってOKにしたこと。

今回、
結果的には 雨が降ったり止んだりはしたものの
事故などなく無事に終わったので良かったですが、、、

はじめにアナウンスした内容から 途中で変更した事で
出店者に対して公平では無かったこと。

いくら中止でも、残ってやってる以上
お客さんにしたら そこは 「ロハスフェスタ」やと思うんです。
やのに、
結果その場で行われていた事はロハスじゃ無かったこと。

風でゴミは散乱するし、リユース食器の貸し出しが無い為、
皆、使い捨ての容器を使っていたしね、、、

本部に行って 思わず 「ロハスってなんですか?」 と聞きました。

何を言っても、返ってくる答えは 的を得ず 納得できる答えはありませんでした。

アルバイトのスタッフの人たちも
2転3転する内容で 責められて可哀想でした。
最後、搬出してゲートを出る時に 車両通行許可証を返す時に居た
スタッフの人は私たちに
「ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」 と、 頭を下げてはりました。
本部で私たちが話した人は 誰ひとり話が2転3転した事を詫びる事はありませんでした。
そりゃ、大変やと思います。はじめての事で混乱もしたやろうし
たくさんの人に詰め寄られて、どうしていいかも分からなくなったのかもしれません、、、

でも、主催者として 楽しみにしていた来場者の方と出店者に
誠意を見せて欲しかったです。  対応していた男性の方にはそういう部分は全く感じられませんでした。

この日を楽しみにしていただけに
本当にガッカリやし、ショックでした。

前日は大雨。 そして今日の中止。
kuapapaの ロハスフェスタはそんなこんなで終わりました。

でも、
搬出の車を動かせるのを待ってる間に
いろんなお店を見て回ったら ホンマにいいお店がたくさん出ていました。

晴れていて、通常の開催なら本当に楽しいイベントなんやろうなぁと、、、思いました。

主催している方々が、今回の事を 踏まえて 
次、同じような事にならないように
考えて運営してもらえたら もっとよくなっていくのかな、、、?

リベンジはしたいと思います。  kuapapaとして。

なかなか余裕はないけど、
出来れば ”Lealea” ”ATELIER Rhythm” も一緒に mixさせて やりたいな。

今回、
そんな訳で すったもんだあったなか
いろいろとお手伝いして 私たちを助けてくれた
マチャ。
トオルさん&かっちゃん。
u-くん&かよちゃん&ミワちゃん。

そして、いい子にしてくれてた keito  moeちゃん asahiちゃん 

みんなみんなホンマにありがとう。

今回はエライとこいっぱい見せてしまいました。

大事なお休み、kuapapaに付き合ってくれてありがとう。

ホンマ、ええ勉強になりました。

もっともっともっと、、、頑張ります。