December 30, 2008 " mocha "

※これは2008年12月30日に書いたものです※
もう明日で 今年も終わり・・・

そんな年の瀬に
家族全員待ちに待っていた
お客さんが
ニューヨークからやってきました!

私が古着の仕事をしていた時と、
縁あって
前の会社でも また一緒に仕事をする事になった
家族のような存在。
Hieko Familyが
大阪に遊びに来てくれました。

実家が静岡なので
大阪に居てる時間があまりなく
2泊3日でバタバタでしたが
とっても楽しい時間を過ごしました。

今回 keitoもbarryも イチバン楽しみにしていたのが
Hiekoの子供
「mocha」 に 会えることでした。

私は出張でニューヨークに行った時に会っていたけど
Barry&keitoは 3~4年ぶりに 会えるので
来る前から大興奮!

”大阪に来るかも”

って、Hiekoから連絡が入ってから
keitoは毎日、mochaの話ばっかり・・・(笑)

そんなこんなで
待ちに待った HiekoFamily in Osaka ! ! !

keitoは
大阪とニューヨーク、離れてるけど
いつも
「mochaは、keitoの妹やで」 と 言うし
mochaも
「keitoちゃんは mochaのお姉ちゃん!」 って 言うくらい
絆の深い二人。

お互い ひとりっこの 二人は
離れていても、
頻繁に会えなくても、
「お姉ちゃん」   「いもうと」
と、
思っているみたい。

だから、
大阪に居てる間はいつもベッタリと一緒。
ホント見てて微笑ましくて。

前にmochaが泊まりにきた時
keitoはまだ小学1年生で。
最後、お別れの朝
mochaの前では我慢してたけど
さみしくて
学校の行き道で 泣いてしまったほど。

今回も きっと・・・
めちゃくちゃ泣いてしまうんやろうなぁ。
と、私たちは
気にしていました。

お別れの時間が近づいてくると 二人とも何も言わず
黙々とゲームを・・・

段々と大人たちが帰る用意をして
バタバタしだすと、誰とも目を合わせようとせえへん二人・・・

「そろそろ行くよ」
と、言っても
聞こえてないフリ。

何回か言っても 動かないので
最後は無理やりゲームを取り上げて。

でも、泣きませんでした。

「また会えるもん」

そう言って keitoは 泣きませんでした。

その横で
いつも以上に 大泣き/号泣している 私でした・・・

「ママ、keitoに泣いたらアカンで言うたクセにぃ~!」
と、
怒られてしまいました(笑)

ホンマに
楽しい3日間でした。
こんな小さかった二人が・・・
こんなにお姉ちゃんになりました。(って、分かりにくい?)