December 17, 2008 " ◎◎ちゃいまんねん、パパでんねん。 "

 
※これは2008年12月17日に書いたものです※
先週末のこと・・・
いつも配達してもらってる 八百屋のおっちゃんが
いつもは ひとりで来るのに
その日は子分のような これまた おっちゃんを連れて来た。

いつも来てくれるおっちゃんは
少し、やさしい顔にした 『島木譲二』 みたいな感じで
keitoにパンを買ってきてくれたり
(何処かのおいしいパン屋さんで・・・と、いう訳ではなく、
 ふっつーの その辺のコンビニやスーパーで売ってるパン 笑)
たこ焼きかってきてくれたり・・・と
何かと親切にしてくれる おっちゃんでした。

そんな、おっちゃんが
突然 
「わし、今日で終わりやから 今度からこのおっちゃんが
 持ってくるから よろしゅう頼むわな」
・・・ あっさりと、 去って行ってしまった。

で、
新しい 「おっちゃん」 は
車の運転もたどたどしい感じで、何をやっても
「大丈夫ですか?」と、声をかけたくなるような動きで・・・

そんな、新しい 「おっちゃん」 が
持ってきた 荷物の箱。
よく見てみると・・・
思いっきり
「ポポ」 って書いてある・・・・・

うち、ポポちゃいまんねん。
パパでんねん。
・・・っていうか
パパでもないし・・・

クアパパ ですから。

でも、
ここの八百屋さんは
いつも箱にデカデカと
「パパ」と、
当たり前のように書いてはって・・・。

しかし、、、 
「ポポ」 は 無いわな。

でも、
何も言わずに
次の納品の時の箱を見てみると・・・
「ポポ」 
に、
赤ペン先生のように
おもいっきし、上から 「パパ」

書かれていました(笑)

訂正してくれたのは
きっと八百屋の奥さんか大将のはず。

ありがとうございます。

クアパパ、
もっと名前を定着する事が出来るよう
がんばります。